アメリカのキャッシングの金利

アメリカといえば、資本主義の総本山のようなものです。資本主義は、経済活動を活発化させることで、勢いが強くなっていくという性質を持っています。

小売業にとっては、とにかく多くのものを購入してもらうことが、経済活動の活発化につながるものです。しかし、お金がないとその経済活動を活発化させることも出来ません。

もちろん、アメリカでも消費者金融のようなものは存在します。日本の消費者金融と同様、法律によって上限金利が定められてますが、アメリカと日本で決定的に異なるのは、アメリカでは国単位ではなく州ごとに法律が定められているということです。同じ国でも、どこに住んでいるかによって上限金利も変わってくるというわけです。

例えば、ニューヨーク集などの場合ですと、上限金利が年25パーセントに制限をされています。現在の日本の消費者金融と比べると、若干高い金利となっています。しかしこれは貸金業者や銀行などの免許をしっかりと受けている場合です。

そうでない場合には金利が年16パーセントに制限をされています。一見すると、日本では考え方が逆のようですが、ニューヨーク州では信頼が置ける業者だから、高金利というメリットを与えるという考えのようです。

外国人のキャッシング申込と永住許可

どこで借りても金利は発生する

日本に住んでいる外国人の方でも、不意にお金が必要になるときがあります。日本人であればそんなとき、銀行のカードローン消費者金融のキャッシングを利用することで、うまいことピンチを切り抜けられます。

外国人もその例外ではなく、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを利用することはできますし、申し込むこともできます。

しかし、外国人にとって、日本の消費者金融や銀行の審査のハードルは思いのほか高いです。外国人が日本の消費者金融や銀行でお金を借りるのには、最低でもビザを取得していなければなりません。しかも観光ビザではなく、就労ビザです。観光ビザを持って来日して、そのまま日本で働いているのは、不法滞在となります。

消費者金融や銀行によっては、外国人が申込みをする要件として、日本国から永住許可を得ていることを求める場合もあります。これは、就労ビザで働いているだけではいけないということで、しっかりと日本国に税金を納めていることなどが求められるのです。

もちろん、消費者金融や銀行によっては、永住許可を持っていなくても申込ができるところもあります。そのあたりの判断については、申し込む予定の消費者金融や銀行に聞いてみましょう。

アメリカのペイデイローンについて

アメリカではかつて、「サブプライムローン問題」というのがクローズアップされました。

アメリカの消費者は、信用力の高いプライム層と信用の力のさほど高くないサブプライム層とに分かれ、サブプライムそうでも夢のマイホームを持つことができるためのローンとして、サブプライムローンが広がりました。しかし、その返済ができないというのがサブプライムローンです。

住宅ローンだけではなく、利用目的を特に問わないキャッシングもアメリカでは存在します。それが、広く使われているのが「ペイデイローン」というものです。サブプライム問題によって生活に困窮をした人たちが、このペイデイローンに手を出しているとも言われています。

ペイデイローンの特徴は、商品券をつけることです。お金を貸すときに、一緒に商品券もつけるのですが、その商品券は使うことができません。例えば200ドルのお金を借りると、一緒に30ドルの商品券もついてきます。

返済のときには、230ドル返済するというわけで、実質的には商品券が利息のような存在となっております。州によっては金利制限が厳しいところもありますので、それを回避するための手段としてとられています。なお、返済期限は2週間が一般的です。

女性のためのレディースローン

現在、カードローンは非常にたくさんの金融機関が扱っているサービスです。それだけ世間に浸透したと言っても良いのですが、まだまだ新規顧客開拓の余地はあるようです。その一つが女性です。実はカードローンを利用する大半は男性であると言われています。

ある調査によると、利用者の男女比は7対3というデータもあるほどです。この偏りをなくして、新たな顧客として女性を迎え入れるために始められたのがレディースローンというわけです。これは当然、女性向けのカードローンで、ターゲットも女性にのみ絞られています。

元々女性は男性に比べると金融業者の店舗に入るのをためらう傾向が強いようです。世間体を気にするというのもありますが、金融業者に対して怖いイメージを持っている女性も多いようです。

そこで、レディースローンでは店員やオペレーターを全員女性にしたり、カードデザインをお洒落なデザインに変えるなど、恐怖感や抵抗感を少なくする工夫がされています。

また、女性の多くは主婦を兼業しているため、税金などの関係からアルバイトやパートで得られる所得をあえて抑えています。

ですから、レディースローンは低所得者向けのサービスも提供しており、多くの女性に受け入れられつつあるようです。
女性に人気のアイフル